好材料は横目で見つつ見かければ一気に掴む

私の行っているスウィングトレードでは、基本はチャートから上昇を判断し数日間の参戦を繰り返す方法です。ただ、最も根本的な投資の基本として、企業情報で好材料が出たらそれは絶好のチャンスでもあります。株価は当然企業の業績に連動するからです。ですので、全く無視してチャートだけを見て実践と言う訳ではありません。

 

とは言え、長期投資ではなくスウィングトレードなので、ガッチガチに企業業績ばかりをチェックしなくても良いです。ここが、平平凡凡サラリーマンきちかわ流チェキラッチョ!

 

チャートや値上がり率のランクインからまず物色。今回の実践では「ディップ(2379)」という銘柄が値上がり率でも急上昇。「およ!」とチェキラッチョしたところ、非常に上昇していて、買いも強くボックス相場かな〜と思い高値で買い。今回初めて見つけたこのディップって、上戸彩のCMで有名なバイトルドットコムの企業と知りました(笑)
ディップ

 

見事¥805で購入。その日は¥795で大引け。

自分の投資スタイルで実践すれば+αで一気に資産アップ可能

購入後の大引け後このディップが業績を上方修正すると発表がありました。
ディップ2

 

これは震えました。絶妙のタイミングでの買いです。金曜日だったので週明けにどういう展開になるのか?という不安は少しありましたが、投資家達は前もって業績が良いと言う事は織り込み済みだったのか?だから、チャートも買いが強く上昇相場だったのか?

 

この辺は事実は分かりませんが(たぶんそう)、そこを自分スタイルでいつものチャートと値上がり率をチェキラッチョすることで逃さなかったという私の投資方法も間違っていないなと自信を持てました。

チャートを読み解いて見事にストップ高を射止めた投資方法

そして、週明け月曜日の展開ではやはり上方修正のニュースが大きな好材料となり一気に窓が空くほどの値上がり。その日はストップ高で大引けとなりました。
ディップ3

 

結果、これを書いている今日現在まだ保有しています。今週いっぱいはこれだけで十分稼げそうです。

 

元々私はあまり企業情報は大きく期待せずに投資をしていましたが、直近の業績については非常に分かりやすいのかな?と経験出来ました。これで一つのルーチン化が加わりました。

 

値上がり率をチェキラッチョ ⇒ チャートをチェキラッチョ ⇒ 直近の業績ニュース(これは無ければ特にそれ以上は追わず)

 

と言う一つの投資方法で確立出来そうです。是非、参考にして頂ければと思いまっす!


このエントリーをはてなブックマークに追加