自分の思い通りにはいかない場合どうするのか?

私の投資スタンスは「スイングトレード」ですが、チャートを見て「数日間で上昇するかな?」という銘柄の時はすぐ参戦します。先日も記事を書き上昇トレンドと読み購入した「テラプロープ(6627)」ですが、思いのほか上値は重く下げから始ってしまい、板情報も売りが強かったので早々と手仕舞いしました。
テラプロープ2

 

¥1117で購入して¥1025で約定したので、-¥92(×100)の損失。ただ大引け時は¥992となっていたので、結果的には早めの損切りで功を奏しました。先日の予測では上昇トレンドかと思い、それまでの上昇力からするとグンと伸びるかと予測しましたがイマイチでした。おそらくは保有し続ければプラスになりそうな流れと読んでいます。ただ、スイングトレードとしては良い銘柄では無かったと言う事ですね。。。ざんねーん!

 

今週の実践を振り返ると自分の投資のスタイルというか、自分に合った投資スタイルが確立されてきました。比較的デイトレに近い立ち位置でチャートを見ています。だから少しでも思惑と違えばその日中に損切りで手放すようにしています。通常のスイングトレードの場合だと(何が通常か?は分かっていませんが)多少下がっても上昇の期待感があれば保持するのでしょうが、私の場合は一定の損を被ると判断したら手仕舞いです。

 

実際、このスタンスで行ってこの1ヶ月の実績は、最初に2回のストップ高からの+¥42650利益がありましたが、それを除いての損益は-¥1333(笑)弱冠のマイナス。既に十数回の売買を行っています。出来るだけの早い損切りが間違いなく功を奏している事の証しです。あとは自分のチャートを読む力だけ...と言っても、+¥42650があったお陰で何とかプラスで1ヶ月は乗り切れました。ニヤリ。

早めの損切りから掴んだ上昇チャート

素早くテラプロープを損切りし、次なる銘柄を見つけたのが「日本通信(9424)」でした!チェキラッチョ!

 

この日本通信ですがスマホ通信サービスへ参入に期待感が高まっており、何やら端末代とネット使い放題・通話基本料合わせた格安サービスを展開するかもしれないという話がでています。ここ最近、こういう格安のスマホ向けの通信サービスを展開する企業への関心が非常に高く、その一因もあり株価上昇しているようです。

 

スイングトレードと言え、直近で好材料が出たとなればチェキラッチョ!しておく必要があるでしょう。

 

その結果、素早く買いへ修正し、13株購入出来た後にストップ高へ。
日本通信

 

2回に分けて購入出来たのですが、平均取得株価は¥9935なのでまぁまぁの利益です。

 

資産損益

 

ただ、チャート的には大幅続伸して少し怖い感じがするのでいつでも売りに出せる準備はしておきたいと思います。早々と利益確定出来ますように。


このエントリーをはてなブックマークに追加