断定しないという自分流スタイル

株価というのはどんな銘柄でも動くものです。「何割利益が出たら」などと言わずに、とりあえず1円でも上がれば売っていく。金額より「勝ち」にこだわっていけば負けない投資方法と言えます。

 

よく言い訳をする方がいます。「負けたのは相場が良くなかったから」のように。でも、どんな相場でも勝てる要素はあります。また、自分がそういう「良くない流れ」だと感じたのならば参加しなければ良いだけです。

 

そこで流れが悪いけど参戦した以上は、勝てるポイントを自分のルール・投資スタイルを貫くことが肝心です。これには、ブレない精神力も必要となります。

 

投資初心者にありがちな失敗

株投資を始めたての人によくあるのが、手頃な銘柄を選びチャートを見て「そろそろ底だな」と思い購入するも、そのまま株価は下がり売りどころを逃し上がるまで持ち続けるということがあります。

 

これは俗に言う「塩漬け」というやつです。自分なりにルールを決めていたとしても、その通りに損切りが出来ない典型です。「損が出たけどもしかしたら上がるかも?」と期待をしてしまいます。

 

元々の資金が決まっているので、損を出したままでは売れないという気持ちが強く働いてしまうんでしょう。

 

でも、結果としてさらに大きな損失を被ることになってしまいます。ここで、「これではいけない!」と気付けることで、そこから損失を取り戻せるか?そのまま徹底してしまうかの分かれ目になります。

 

しっかりと損切りが出来るように自分をコントロールできれば、儲けは出ていないですがその先に期待はもてます

 

 

コツコツ投資でも信用取引なら儲けは2倍

ここからは、そんな「自分をコントロール出来る」という人向けのお話です。

 

通常の現物取引の場合は、手持ちの資金の中で売買をしますがそれだと元手が少ない場合は、それが十分な資金に膨れ上がるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

サラリーマンの方などは唯でさえ時間が少ないのに、資産が増えるスピードも遅いともどかしさはあります。

 

そこでオススメなのが「信用取引」です。

 

少ない資金でも証券会社に保証金を預ければ手持ち以上の株価の売買が可能となり、利益を大きく増やすことが出来る手法です。「空売り」をすることで流れが悪い下げの相場でも儲けるチャンスは2倍に広がります。

 

ただこれには、しっかりと自分のルールを徹底できないと損切りを躊躇した場合、非常に大きな損失となってしまう危険性も含んでいます。

 

だからこそ、冒頭の「1円でも上がれば」という事にもつながってきます。例え、時間がないとしても1日の数十分だけ取引をすることでも資産を増やすスピードは倍増します。コツコツ回転させていくことで利益を積み上げていけます。

短期売買はチャートを読むことが必須

このような信用取引で数十分でコツコツと積み上げていくという場合は、企業情報というよりかは株価の流れを見ることが必要となります。要するに「チャートを読む力」が必要になります。

 

その日上がりそうな銘柄をピックアップし購入、1円でも上がればサクッと売る。非常に単純明快な投資方法ですが、チャートを読むことで上がるという予測が出来る必要があります。

 

その為には、まだ投資を始めたての方は徹底して板情報(株価チャート)を毎日眺めることをお勧めします。毎日毎日見ていくことで、上がる銘柄や翌日以降に上がりそうだな〜というのが分かってきます。

 

チャートの読み方などの基礎知識もあるでしょうが、毎日眺めることで慣れて来るので流れが見えるようになります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

チャートを見て勝つクイックトレード
時間がないサラリーマン・OLの方にお勧めなのが、クイックトレードと言う投資スタイルです。空き時間を利用して数十分で勝負をする投資方法です。チャートを見て勝てる知識・ルールが必要になります。
割安株を探せ!育つ銘柄の選び方
株の投資スタイルとして、割安な株を探して企業を応援する気持ちで持ち続けるという方法もあります。そんな将来に向かって育つ銘柄をどうやって見つけるのか?長期投資について少し解説です。