前日のストップ高から一転...

前日、狙い通りにストップ高で大引けとなったこちら。
実績

 

このあとからの次の日の相場は、再度ストップ高となる+¥150の¥1055まで到達。しかし、一瞬そんな値が付いただけで、あとは終始下は¥860位〜¥1000を行ったり来たりの展開でした。

 

ただ、前日の材料がないという懸念を感じさせないほどの値上がりを見せていたので好調ではありました。

 

なんて、今思えばこの日に¥1000程度でも売ればよかった、と言うのが後の祭り。

ストップ高後いかに自分をコントロールするか?が鍵

その次の日になると前日付けた¥1055すら届かないような重い展開となりました。ただ、それでも大きな下落もなく、¥960〜¥990を行ったり来たりです。
チャート結果

 

日足なんかは迷い十字が出ていますので「これ今日もあがるかな〜」と少し期待していたものの、後場になっても大きく値を上げることなく、さらに大引け15分前になっても動きも少ない状態。売りも強くなってきている状態。

 

 

株価

 

 

週末と言う事もありようやく利益確定で売りました。

 

ストップ高を狙った後にどう動けば良いのか?

今回の結果は、¥852で購入して¥970で売ったので、+¥118の利益。
100株単位ですので、おおよそ+¥11800でした。
実績評価

 

もう毎度のことながら、ストップ高を目指しているけれど実際にその中に入るといつ決断すればよいのか非常に難しいと言う事が改めて分かりました。って、今回はいくらでも利益確定するチャンスはあった訳で、
もっと利益を出せる瞬間はあったでしょう泣

 

さらに上を目指してしまうと最高の利益をだせず。ある程度線引きして早めの利益確定をしても最高の利益をだせず。

 

限りなく上値を狙うならある程度の覚悟は必要と言う事ですね。最高到達点は紙一重で、狙おうとした瞬間に値下がりするのが投資と思います。過去に早めに手仕舞いした結果、その後2倍以上に株価が上がった悔しさがあると余計判断を狂わします^^;

 

利益確定出来ているので全く問題ないのですが、資産増加に加速を付けるならリスキーな投資もたまには必要ということでしょう。

 

多少の利益だけ出せればよいのか?
誰よりも利益を確保出来るまで狙うのか?

 

自分で決めたルールを断固死守しましょう!平平凡凡のサラリーマンきちかわでした!(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加