手持ち資金の3倍の銘柄が買える!

信用取引は証券会社に一定の担保を預けている事で売買資金を借りて自分の元手以上の株価・資金で取引する方法です。その担保の事は「保証金」と呼ばれます。

 

この保証金は証券会社によってその金額はまちまちですが、大体は30万円に定めている所が多いです。

 

保証金 = 預けている現金 + 保有株の80%相当

(例:証券口座に100万円と株価¥3000を100株持っている場合→【100万円+[¥3000×100株]×0.8=124万円】

 

 

 

また、売買代金に占めるこの保証金の割合の事を「保証金率」と呼ばれ、多くの場合は30%のケースがほとんどです。要するに、預けた保証金の3倍の価格の銘柄を購入出来ると言う事になります。

 

取引出来る最大金額 = 保証金 ÷ 保証金率

(例:保証金率30%、保証金124万円の場合→【124万円÷0.3=413万円】

 

しかし、いくら3倍の資金で購入出来るからと言っても最大限の金額で購入してしまうのは危険です。自分の予想とズレてくるとすぐ維持率を割り込んでしまうので注意が必要です。
最低でも保証金率(=保証金)の30%を超えている金額を意識して取引する事をオススメします。

 

 

 

維持率と言うのは、株式保有中に維持すべき数字です。
株価下落により含み損が発生するとその補てんとして保証金から差し引かれていきます。しかし、残金が維持率を下回ってくると追証(追加の保証金)を入金しなければいけなくなります。

 

維持率 = 保証金-含み損 ÷ 最初の取引額

(例:保証金124万円、150万円分の株式を信用で買ったがその後急落し株の評価額は120万円になった場合最低維持率20%の証券会社の場合追証はかかるか?
【[124万円-30万円] ÷ 150万円=0.6>0.2】 となるので追証は発生しない


このエントリーをはてなブックマークに追加