信用取引を上手く使い稼ぐチャンスを一気に増やす

通常の株取引では、自分の手持ちの資金しかないと投資出来る銘柄は限られてしまいますが、信用取引が出来ると、どんな銘柄にいくら注ぐのかは自分次第です。

 

代金の一部を担保金として預ければ証券会社が株式の購入資金を貸してくれる制度が「信用取引」です。
これで元手以上の銘柄の取引が可能になります。

 

しかし、注意したいのは売買出来る銘柄に限りがあり、株主優待が受けられないなどの制限もあると言う事です。かつ、この信用取引で銘柄を保有した場合は6カ月以内に売らなければいけないルール(中には無期限の証券会社もある)にもなっています。さらには、購入資金としてお金を証券会社から借りているので、その間の利息を支払わなければいけません

 

ただ、やはりそれ以上に便利だからこそ多くの投資家が利用しています。先ほども言いましたように、自分の元手以上の株価の銘柄にもリーチ出来るので、信用取引出来る銘柄の数に限りはありますが、自分の元手以上の株価の銘柄の数は広がるのでチャンスも広がります。あるいは、空売りという特殊な売買も出来る為、相場が下がる一方でも儲ける事が可能になってきます。

 

 

ぜひ、ここで信用取引の基本をマスターチェケラッチョ♪して大きくガッポリ稼いでしまいましょう。

信用取引で最大限に儲ける方法記事一覧

 

信用取引は証券会社に一定の担保を預けている事で売買資金を借りて自分の元手以上の株価・資金で取引する方法です。その担保の事は「保証金」と呼ばれます。この保証金は証券会社によってその金額はまちまちですが、大体は30万円に定めている所が多いです。保証金 = 預けている現金 + 保有株の80%相当(例:証券口座に100万円と株価¥3000を100株持っている場合→【100万円+[¥3000×100株]×0...