株式売買の投資家心理はたった2つ

私が行う投資方法に、「過去のチャートを見返してそれに倣う」という方法があります。勝手に自分で方法論として書いているだけかもしれませんが^^;

 

これはあながちいい加減な方法論でもなく、人によって「株価はチャートパターンを繰り返す」と言う人もいます。

 

ですので、過去のチャートパターンを分析すると、今後の値動きを予測出来、自分が売買するポイントを掴めるようにもなります。

 

このチャートパターンは、当たり前の事ですが「買い」と「売り」の投資家の2つの心理で形成されていきます。

 

株投資をしている人なら、「何を今さら!?」と思われすでしょうが、ここを忘れてしまい当てずっぽうな売買を行い、損を出してしまう方も少なくありません。

 

だからこそ、今基礎的な事ですがきちんと説明をするべきと判断しました。

 

そうなると、チャートパターンの事を考える前に「買いの心理と売りの心理」を先に考えた方が良さそうですね。

 

正しい理解があって始めて、チャートを読めるようになってくるものです。では、今回は買いと売りの心理について書こうと思います。

買いと売りが同時にパワーを秘めるその先で起こる事は?

では、買いと売りの心理について考えていきます。まぁ、考えると言うか経験論的に書いていくので既にまとめになりますが^^;

 

株の売買には、売買とあるだけに買いと売りしかありません。なので、買いが強ければ株価上昇へ、売りが強ければ株価下落へ進みます。株価が上昇していくと言うのは、その上昇の前に「買い」のエネルギーを蓄積していきます。

 

ただし、その時には誰も「買い」のエネルギーだとは明確に分からないです。全て結果論として、「あの時のは買いのエネルギーが集まっていたんだな」と分かります。

 

稀に感の良い人は「ん?怪しいな」と思う方がいるようですが^^;羨ましいですね〜

 

逆に売り側について言うと、この買いのエネルギーが蓄積している時には、徐々に出来高を伴いながら少しずつ株価が動いてくるので投資家達は「そろそろ売り時かな…」という思惑が出始めます。

 

さて、ここで考えましょう。このような「そろそろ売ろうかと考える人」はどんな人がいるでしょうか?そろそろと考えている位なので、その銘柄を保有し続けている人達です。それは、

 

1、あまり考えずに乗っかってしまって保有し続けていた人
2、長く保有している中でも個人ではなく機関投資家
3、過去に高値で掴んでしまい売りそびれている状態の人
などが挙げられます。

 

このような人達は、常に株価(チャート)を見続けているのでその微妙な変化に敏感になっています。ですので、絶好の売るチャンスを探っているもののなかなか売れなかったりもしていたので、よく見ています。

 

「今度こそは!」という気持ちでしょうか。あるいは、動いて利益が出た所で売って、下がった時に買い戻してさらに利益を得ようと考えたりです。

 

ただ、逆に今まで上がって来なかった株価ですので、こうも考える事もあります。

 

「この株がこんなに上がるはずはないからすぐ下がるぞきっと」と言う風に。だからこそ、いったん売るかどうかを真剣に考え出すのです。ここで売りの勢いも付き始めます。

 

理由はともあれ、買いと売りの投資家はいろんな思惑があるため、エネルギーが蓄積すればするほど買いと売りが拮抗しさらにパワーを溜めこむ事になります。

 

こういう状況が株価を形成していく過程になります。

株投資で勝つ為にはどう投資家心理を読む?

そのようにして買いと売りが交互にエネルギーをぶつけ合いながら売買が成立していくので、出来高もじわじわと増えていき株価・チャートも形成されていきます。

 

すると、高値圏になり「そろそろ割高だなあ」「高値圏だから危険だな」という事になると、株価は下落し始めて安値圏までニョロニョロと下がり続けます。

 

ここが見極められればベストなのですが、買いと売りがまだ拮抗しているので、「また上がるかもしれない」という思惑も出てくるので、一気に下落と言う局面は迎えず、参加している投資家もその状況に気付きにくい状態になっています。

 

やがて安値圏に入るとそこでようやく「売っておけば」と思うようになり、またここで、新しい高値で売れなかった人が集まり次の上昇を待つようになります。

 

ここまで買いと売りのエネルギーの話をしてきましたが、最後にお伝えした「高値圏」を過ぎた時にきちんと見極められれば株投資は成功出来る事になります。

 

でもここが一番やっかいで、売れずに保有という人も多い為「含み損」「塩漬け」と言った状況に陥るのです。

 

株価が上昇している時は気分が良いので、しっかりと外部要因・内部要因を見極めて判断出来なくなります。「まだ上がるんじゃないか」という希望もあるので。

 

ですので、株投資で勝つ為にはしっかりと買いと売りの対立具合を見極める事が必要になります。利益が出ている時こそ冷静な売買の判断を心がけたいものです。
月300万円稼ぐ株式投資錬金術


このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

株稼ぐトレーダー 勝つためのノウハウ紹介
株稼ぐトレーダーが勝つためのノウハウ紹介として、時間のないサラリーマンでも勝てる投資を身につける教科書「1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授〜 成功者続出!! 初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」を紹介します。
株式投資錬金術を使って爆益を招いた2つのポイント
株式投資錬金術を学び初めて数ヶ月経過しました。チャートを読んであるポイントで売買するという株式投資錬金術です。今回は爆益を実現出来そうな状況まで上がってきた結果・稼ぐポイントをまとめました。
経験がなくても勝てるようになる投資方法
時間のないサラリーマンでも、経験がなくても勝てるようになる投資方法を身につける教科書「初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」についてレビューしています。
月300万円稼ぐ株式投資錬金術で見る銘柄探し
1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授〜 成功者続出!! 初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術のノウハウを基に銘柄を探してみて、それがどれ位の結果が出るのか?調べてみました。
株式投資錬金術の実践結果〜その1〜
今話題の勝てる投資を身につける教科書「1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授〜 成功者続出!! 初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」の実践結果を報告します。
株式投資錬金術の片鱗を感じた瞬間
私が実践している教科書「1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授〜 成功者続出!! 初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」から出た結果を紹介します
投資で勝つ為の一手〜流行りに乗る〜
時間のないサラリーマンでも勝てる投資を身につける方法をリアル実践しています。今回は、流行りの銘柄をチェックしその流れに乗り勝った結果を実績と共に報告します!株式投資錬金術も紹介中!
トレンド転換を見極めて手軽に株で稼ぐルール
時間のないサラリーマンでも勝てる投資を身につけるべく実践記。今回はトレンド転換を見極めて手軽に株で稼ぐルールを知ってサクッと利益を出す話です。投資の教科書「初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」も紹介中!
株で儲けたい人の為のチャートの見方3つのポイント
株で儲けたい株投資初心者サラリーマンでも勝てる投資を身につける方法。それはチャートの見方に3つのポイントがありました。初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術」について紹介中!
株で儲けたいなら株式投資錬金術を身に付ける
株で儲けたいなら勝てる投資である株式投資錬金術を身につけるべきです。ここでは「月300万円稼ぐ株式投資錬金術」を基に実践した内容を解説しています。
株で勝ちたい儲けたいならこの教材を読め!
時間のないサラリーマンでも株で勝てる、儲ける事が出来る教材を紹介します。あなたが、株で勝つ方法や株で儲けたいと考えているのであれば、有無言わさずこの教材と呼べる教科書をご紹介します。