株取引への第一歩〜口座開設〜

株の魅力について理解したら今すぐにでも株取引をしたい!と思うでしょう。しかし、株を買ったり売ったりするには専用の口座を解説する必要があります。ここでは株取引を実際にする直前までの手順・流れを説明していきます。

 

オンライン証券口座開設

株の取引の為の口座というのは、世の中に非常に多く存在しています。野村証券などのように、直接店舗へ赴いて作って取引する場合と、今見ているネットの世界に口座を作って株取引をする場合があります。

 

どちらでもメリットはありますが、ここではオンライン証券に的を絞りその口座の開設について説明していきます。

 

オンライン証券のメリットについては、店頭の窓口のように顔が見えるサービスではないですが個人投資家にとって重要視したい「売買手数料」が非常に安く設定されています。

 

また、携帯(スマートホン)一つあれば簡単に売買も出来てお金の管理も出来るので、手軽に開設・運用が出来ることが最も魅力だからです。そのオンライン証券の中でも、ここ数年で急激に増えてきており初めて口座を作る人にとっては「どこのオンライン証券が良いの?」と迷ってしまうと思います。

 

そこで私が使っている楽天証券について実践から得た情報をまとめたので参考に開設してみてください。→ 実践者から見る楽天証券の手数料と口座開設方法

オンライン証券口座開設の流れ

それでは、口座開設の際はどんな流れになるのか?についてまとめます。各オンライン証券会社によってはサイトの作りなどは違うでしょうが、やり取りする流れは大体一緒なので参考までに流れだけを把握して頂ければと思います。

 

申し込み方法

1、オンライン上で登録情報をすべて入力し送信する
2、申込書を請求し届いた用紙に記入/返送する

 

どちらでも好きな方を選んで構いません。

 

オンライン上で送信した場合、後日、送信済の情報について紙ベース(口座開設申込書などと言うように)で送られてきます。

 

その内容を確認し、署名・捺印・本人証明書類を添付し返送します。申し込み書を請求した場合は、それを返送する時に本人証明書類を添付し返送します。

 

提出内容が問題なければ後日、完了通知が届きこれで晴れて口座開設完了です。これには、管理画面にログインするためのIDやPWなども送られてくるのですぐログインできるか試してみましょう!

特定口座と源泉徴収とは?

口座開設時にサイトからでも申込書を使ってでも必ず「特定口座開設」について有無を聞かれます。初めて聞く口座だと思いますので、ここで少し説明します。

 

まず、証券会社の口座には、

 

  1. 一般口座
  2. 特定口座(源泉徴収あり)
  3. 特定口座(源泉徴収なし)

 

という3つの口座があります。通常、株取引を行う際は「消費税」「譲渡益税」「配当税」に対して税金が課せられます。

 

消費税は売買手数料に課税、譲渡益税は株を売却した利益に課税、配当税は配当金に課税されていきます。

 

これは確定申告の時に全て処理し申告しなければいけないのですが、口座を選ぶ際はこの課税について、まず口座内で課税処理をするか?しないか?で分けます。

 

一般口座で取引した際は自分で、確定申告の際は1年間の取引記録を自分で計算します。売買回数が多いと計算がかなり大変です。

 

ですので、そんな計算が面倒だと言う人は特定口座を選択すべきです。ただ、注意したいのは、課税計算が面倒だからという理由だけ一般口座を無視してはいけないポイントがあります。

 

それは投資家状況によって変わってきます。例えば、専業主婦などで「そんな売買もする予定もなく所得控除を考慮して投資をしたいから譲渡益の見込み額が小さい」という場合は、一般口座で十分です。

 

むしろ、一般口座ではない場合、余計に税金が取られてしまう可能性もありますので、どう投資をしていくのか?によっても変わるので注意したいところです。それでも、計算が面倒というなら特定口座で良いでしょう。

 

その上で特定口座の場合は「源泉徴収ありorなし」で選びます。

 

1年間の取引記録は証券会社がやってくれた上で、税計算と確定申告をやってもらうか?それとも自分でするか?の違いです。

 

1つだけの証券会社で取引で申告も面倒だというなら「源泉徴収あり」、複数証券会社で取引をしていて税金で損をしたくないという場合なら「源泉徴収なし」にし税計算まで證券会社でしてもらい、確定申告は自分でするで良いでしょう。

証券口座が出来たら入金

ようやく証券口座が出来ました。ここまで来るのに疲れてしまう人も少なくないかもしれません。何度も郵便のやりとりは行わなかったですか?大丈夫ですか?私は申込書の記入が漏れていたり、本人証明書類の不備だったりで3回ほど郵送のやり取りをして挫折しそうになりました。

 

では、いよいよ株を購入へと進みますが、まだ株を買うことはできません。証券口座の残高は¥0状態です。ここにお金を入金する必要があります。

 

証券口座へお金を入れる

既に証券口座の管理画面へログインできる状態と思います。ログインしていただくと、資産状況を見れるようになっていますので残高を見てますと、¥0のはずです。

 

ここでは入金方法というか、軽く入金の流れとネット銀行について説明します。流れといっても、ネット銀行使って証券口座へ入金するだけなので、説明も何もありませんが...

 

ネットバンキングについては、基本証券会社が提携している特定のネット銀行があります(手数料が安くできるなどの理由で)。例えば、楽天証券なら楽天銀行など。

 

ですので、まだネット銀行を持っていない人は、証券会社で推奨されているネット銀行へ申し込みでよいでしょう。今後、何度もやり取りする仲になるので、手数料を安くできる方法を提示してくれているならそれに従いましょう。

 

ネット銀行というのは、携帯でも簡単に操作できます。証券会社と一緒で投資のスピードに合わあせた手軽さが一番なので、今のうちから1つ持っておくだけでも便利です。

 

ネット銀行も開設出来れば、いよいよ入金し株式投資デビューです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

株の3つの魅力
時間のないサラリーマン・OLでもまずは投資の基礎から学ぶ事が大切です。株の魅力について解説しているページです。
株投資の下落リスク
時間のないサラリーマン・OLでもまずは投資の基礎から学ぶ事が大切です。投資には夢がいっぱいありますが、株価下落というリスクも潜んでいます。良い話ばかりではなく、リスク管理もしっかりと覚えておきましょう。
株投資の素朴な疑問
時間のないサラリーマン・OLの人が株投資をするとした時の素朴な疑問についてお答えしています。
実践者から見る楽天証券の手数料と口座開設方法
今の株投資は楽天証券1本で行っています。理由は単純でネットバンクも持っているからです。そこで、楽天会社を検討しているあなたに実際のところの手数料ってどうなの?口座開設ってどうやるの?ってところの実践者ならではの情報をまとめました。