チャートを読む時の着眼点はどこか?

私の投資スタイルは基本「スイングトレード」と呼ばれる、数日間で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。

 

理由は、なるべく出来高の多い投資で少額から増やしていきたいのと、株を購入してしまうと私の性格上毎日相場を見ていないと気が済まないので、短期間で済ませてホッとしたいからです(笑)

 

ただ、長期は長期で投資信託などを保有しています。それは元々10年・20年としか考えていないので焦る事もないです。それ以外では、待っていられません。

 

ですので、私の投資スタイルとしては企業情報などはあまり重要視せず、直近で値動きがありそうな銘柄を物色し参入していくというスタイルです。

 

テクニカル分析として、チャートを読んだり過去の株価の値動きを参考に、買い時や売り時を探ります。ただ、情報の一つとしてニュースがあるようであれば当然一つの参考資料としては取り入れています。

 

では、短期間出来るようなそういった銘柄をどう探していくのか?と言う部分については、直近の出来高や値上がり・値下がりをピックアップします。

 

かつ、今は元手が10万円と少ないのでかなり限定的に見ています。毎日ランキングも出ていますので夜の内に一通りのランキングには目を通します。そこで複数の銘柄をピックアップし、ここでようやくチャートを見てまいります。

チャートを見るのも難しく考えない

基本的にチャートを見る場合の知識というのは特に高度な知識・ノウハウというのは持っていません。このサイトで書いてあるような基本的なチャートを読む知識だけです。

 

ここで、つい最近の実践結果を基に、売買の流れを説明していきます。

 

売買を行ったのは「フリービット株式会社(3843)」という企業。実際の買い時ポイントと売り抜けたポイントはこちらです。
実践

 

何を思いどう判断したのか?まず買いのポイントと見た所。初めてチャートを見た時に「これはゴールデンクロスだから上がるかもしれない」と判断しました。

 

さらに、その黒丸内では上昇トレンドへ入ってきており窓が出来ていた事も○。出来高も伸び始めて来ていました。そして時際に購入したのが赤い矢印の時でした。

連日のストップ高であれよあれよと利益続伸

今回の実践では、まさに基本知識通りの株価上昇でした。11/19に購入した訳ですが、次の日20日には前場開始1時間後からストップ高となりそのまま大引けに。
ストップ高

 

次の日は一応警戒感を持っていつでも売りを出来る体制にしておきましたが、朝から高値を付けて結果21日もそのままストップ高へ。
ストップ高その2

 

さすがに3日目はないだろうと、今度こそ本当に売りに出す覚悟で警戒感MAXで見ていましたが、ストップ高手前まで株価上昇するも突き抜ける事はなく下がる一方だった為ようやく利益確定。その結果は?

 

投資結果

 

購入株価は¥703売り株価¥1130と、年利62.2%達成し+¥42650でした。

 

正直出来過ぎていますが、基本知識の使い方としては間違っていないと実感です。また、この利益を元に次に目を付けていた銘柄で進行中です。

 

あまり深く考えずにチャートを読み基本に当てはめていけば難しい感覚は軽減されるでしょう。

 

そこへ、さらにロスカットなどの決め事だけブラさなければ、初心者でも時間が無くてもそれほど投資を恐れる事もありません。どんどんチャレンジし相場感を養っていきましょう。

 

自己紹介

 

かなりのできすぎ君だったけどやっぱりここでも信じたのは基本の知識。チャートが上昇した時に買い時を上手く捉える事が出来たね。キラリン〜


 

チャートを読むだけで勝ちたい人はこちら。

株式勝利の方程式ボタン


このエントリーをはてなブックマークに追加