暗号通貨はもうかるのか?実践してみた結果を公開中!

ここ数年で本格的な広がりを見せてきている暗号通貨。2017年は暗号通貨元年とも言われるほどです。

 

そこで私も遅ればせながら、暗号通貨への投資(いや、まだ投機とも言えよう)を始めてみました。

 

ちょっとでも資産が増えれば良いかな程度でまずは軽く始めてみます。なので、数万円でのスタートです。

その前にちょっとだけ知識。暗号通貨とは?

始める前に少しだけ知識のお話しをします。まだまだ勉強不足な部分があるかもしれませんのであしからず^_^;

 

暗号通貨とは、ビットフライヤーから拝借しますと、

 

暗号通貨とは、セキュリティ対策として暗号技術が利用されている通貨です。Virtual Currencyとも価値記録とも呼ばれます。公開鍵暗号、ハッシュ、その双方を用いた電子署名等の技術が利用されています。

 

暗号通貨の対義語として法定通貨があげられることが多いです。法定通貨は日本円や米ドルなど法律で価値が保証された通貨です。法定通貨はFIAT通貨とも呼ばれます。

 

電子マネーなどの第三者式支払手段は暗号通貨に含まれません。

(bitFlyer:ビットコイン(Bitcoin)用語集

 

と言われています。

 

まぁ、あくまでも定義上の文言なので何となく理解していれば良いかなと私は思います。

 

重要なのは、その価値実用性(=安心)だと思っています。

では、実際の暗号通貨の価値・実用性はどうなのか?

暗号通貨の価値

暗号通貨の価値については、既にこう言ったランキングが出ています。

 

通貨の時価総額としてどれくらいあるのか?などが一目でランキングとして分かります。※時価総額=通貨の値段×出回っている通貨の量で算出されています。

 

※画像は8/11現在の時価総額ランキングです。
暗号通貨の時価総額
(https://coinmarketcap.com/)

 

このランキングから私はビットコインとイーサリアムを購入しています。

 

実用性は?

暗号通貨はその実用性にも着目します。社会の中で使われるようになればそれだけ流通する→通貨の価値が上がるという構図が成り立つからです。

 

そもそも、暗号通貨はその発行枚数が決められているので決まった数以上は通貨が出回らないようになっています。よって、欲しい人が増えれば当然価値が上がっていきます。

 

じゃぁ、実際の実用性はどうなのか?と言うと、今のところ決済ツールとして使えるのは、

 

ビットコイン(BTC)
→ビックカメラで支払い通貨として可能、DMM.comでも使用可能。他様々な飲食店、サービス業でも取り入れられている。また、海外ではATMがあったり国として法整備も進んでいたりとかなり先を言っているので安心できる側面が多い。

 

イーサリアム(ETH)
→通貨そのものに株、債券、電子コンテンツなど契約情報を記憶させることができる(言ってみれば不動産のような中間業者が不要になる)

 

他の通貨も実用面でいろんな情報があるようですが、まとめるのが面倒なのでこの辺で。いい加減なまとめ(笑)

 

とにかく、実用的に使える通貨とそうでない通貨がまだまだあります。

 

どうしても怪しい…(ーー)暗号通貨って安心できるの?

と言っても、まだまだ円やドルのように安心していいのか?と言うとそう思えないのも事実。強いて言えばビットコインについては大丈夫かなと言うのが私の勝手な思い^_^;

 

ただ、まだまだ不安定な面もあるかな?という感想ですので、投資と言うよりかは「投機」として少ない金額(最悪なくなっても生活に困らない金額)で今は行っている状況です。

 

それでは次回からは、実際の取引について書いていこうと思います。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で